エステ業界の現状

~密着!エステ業界~ > エステ業界の現状

気になるエステ業界の景気とは

エステ業界は、景気的にはどうなのでしょうか?また、その他の面での現状はどのような感じなのでしょうか。

少し前のサロンは、価格が高い上に勧誘などがひどかったので、利用することにかなり躊躇する方が多かったですよね。
エステで執拗な勧誘を受け、つい契約をさせられてしまい、消費者センターに助けを求める人が跡を絶たなかった時期もありました。

そのため、クーリングオフ制度が導入されたのは、記憶に新しいかと思います。

しかし最近では、過度な勧誘は一切しないと公言して運営しているサロンが増え、かつ料金もかなりお手頃になりましたので、消費者が気軽に利用できるようになり、売り上げ的には決して悪くはないようです。

ただ、料金を安くして、多くの顧客に施術をすることで売上を上げていくので、サービスの質は若干落ちてきているというのが現状のようです。
個人で運営しているような小さなサロンは別として、大きくチェーン展開されているようなサロンでは、お店によってサービスの質にかなり差があり、ゆったり運営できている店舗では質の高いサービスが提供できるけれど、繁華街で大勢の顧客が来るような忙しい店舗になると、どうしても殺伐としてしまう、といったことがあります。

これは口コミサイトなどでもかなりいわれているようなので、どの店舗でも同じサービスを提供していくことは、今後の大きな課題といえるでしょう。

フェイシャルやボディエステなどのトリートメント系のエステも決して景気が悪いわけではないようですが、脱毛が最近は猛威を奮っています。
広告を控えて広告費を抑え、口コミで顧客を集めることで施術料金を低価格化し、たくさんの顧客を集めることで、かなり売上が伸びているようです。

脱毛エステとトリートメント系エステ

脱毛エステは、施術内容が非常にシンプルなので、スタッフも大きな疲労を感じることなく大勢の顧客に施術ができることから、スタッフの定着率も高く、かなり順調に運営できていると思われます。
逆に、トリートメント系のエステになると、仕事内容がかなりハードな上に営業時間が長く、休みも十分に取れないなどの理由から、仕事を覚えたころに辞めてしまうスタッフが後を絶たないので、スタッフの定着をよくすることも、エステサロンの今後の課題といえるでしょう。

最近は男性専用のエステが増えてきて、話題を集めています。
フェイシャルなどのトリートメントはもちろんですが、人気が高いのはやはり脱毛。ピンクのバラ
男性でかなりの剛毛の方は、思い切って脱毛に踏み切るようです。光脱毛の場合、その仕様から、まったくツルツルにしてしまうのではなく、ムダ毛を細く少なくすることも可能なので、男性にも人気が高いのはうなずけます。そのほかに、顔のヒゲを脱毛したいという方も増えているようです。

エステはその生き残りのために、運営方法なども改善に改善を重ねてきていますので、今後もより発展していくものと思われます。

コストを下げて顧客をより多く動員するシステムになると、スタッフに負荷がかかりすぎないようにすることなどが課題となりますが、これらについてもよい案を生み出し、より一掃利用しやすいエステサロンが増えていくことでしょう。