エステティシャンのつらいこと

~密着!エステ業界~ > 非公開: エステティシャンとして働く > エステティシャンのつらいこと

体力が必要である

エステティシャンに対して、美しく華やかなイメージを抱いている人は多く、実際にエステティシャンは自分でも健康や美という面では、かなり気を使っています。
ですが、そのような華やかな面だけではなく、エステティシャンの仕事では体力が重要になってくることも少なくありません。
施術の内容次第でもあるのですが、マッサージを行う時には全身運動ですし、施術中は基本的に立ったままですから、1日が終わる頃には足はパンパンになってしまいますし、腰も痛くなっているということもあります。
ただ華やかな面だけを思い描いてエステティシャンになると、こういった現実に直面した時に辛くなってしまいますので、このような苦労があるのだということも、きちんと頭に入れておく必要があるでしょう。

女性中心の環境である

エステサロンは、その大半が今もまだまだ女性中心のところが多い職場であると言えます。
個人で開業しているサロンであれば別かもしれませんが、大体のサロンには複数のエステティシャンが在籍しています。
女性だらけの職場というのは、良い面も悪い面もあるものです。

良い面で言えば、女性同士ですからお互いの気持ちが理解しやすく、プライベートに関わるような相談も比較的話しやすい、というようなことが挙げられるでしょう。
反対に悪い面で言えば、休憩中など会話が女性だからこそとも言える噂話がメインとなってしまったり、男性がいないことによって閉鎖的な空気になってしまっている可能性がある、というようなことが挙げられます。

そのサロンに在籍しているスタッフの性格にもよるでしょうが、時にはこのような女性だらけの職場環境でストレスを溜めてしまう人もいます。
また、内面的なことだけでなく、女性しかいない職場では、器具を移動させたり店舗の大掃除をしたり、という時に力仕事を行うのも女性だけである、という物理的に大変な点もあります。

環境が良くない職場も中にはある

エステというものの知名度が上がっていくにつれ、エステサロンの数は日々増えていっています。
そして、エステのサービスは多様化もしていますし、人々がエステに対して持っているイメージ的に敷居が低くなってきているのですが、その一方でエステサロンのすべてがそのスタッフにとって働きやすく良い待遇を整えていて、職場として良い環境なのかというと、残念なことに必ずしもそうではありません。
エステサロンを運営する企業の特徴、規模は千差万別です。
大手のエステ運営会社であれば、待遇、給与といった面では安定していると言えますが、その分営業時間外に勉強会や研修への参加が必須であったり、売り上げの乗る気が決められていたりということがあります。
中小エステサロンであっても、好待遇なところはもちろんありますし、大手よりもアットホームでこじんまりしたサロンの方が働きやすいという人もいます。
このような会社の雰囲気、特徴というのは、規模だけでは一概に言えないところもあるのです。
サロンの数が増えている以上、エステティシャン自身がどのサロンで働くのか、しっかり考えてサロンを選ぶ必要があると言えるでしょう。