エステティシャンに向いている人

~密着!エステ業界~ > 非公開: エステティシャンとして働く > エステティシャンに向いている人

誰かのために頑張れるかどうか

エステサロンに来店する人の中には、ただ綺麗になりたいというだけでなく、癒やしを求めて訪れるという人もいます。
エステサロンという日常とは少し違った優雅な空間で過ごし、自分の悩みなどの症状をエステティシャンに話し、心身共にリラックスすることを求めて来店するのです。
この時のエステティシャンの役割としては、ただ施術を行うだけではなく、お客様と信頼関係を築き上げ、会話もしながらリラックスしてもらえるよう努力することも大切なことなのです。
特に、お客様にリラックスしてもらうために重要になるのは、コミュニケーション能力でしょう。
気配り、話しやすいような雰囲気作りができ、自然な笑顔で人と接することができる、という人はエステティシャンに向いていると言えるでしょう。

体力があるかどうか

エステサロンは華やかで綺麗な職場であるというイメージが強いですが、実際には勤務時間が丸半日近くなったり、予約が埋まっている場合は休憩する暇もなく働き続けたり、ということもあります。
その上、エステティシャンはほぼ1日中立ったままで仕事をしなければならず、ボディマッサージではかなりの力が必要となるので、体力がない人では長く続けていくことが厳しい仕事でもあるのです。
人を美しくするための仕事ですが、かなりの肉体労働であるという難しいところもあるので、自分自身の健康状態に常に気を配り、体力をつけるのがとても大事になってきます。

美に対しての関心や意識が高いかどうか

エステティシャンを目指すくらいですから、美容に興味がないという人はいないでしょうが、エステサロンに来店するお客様も美容にはかなりのこだわりを持っていることが多いです。
時には、エステティシャンも驚くほど知識を持っているような人もいます。
こういったお客様の期待に応えるためには、プロとして恥ずかしくないような、専門的知識をしっかりと身につけておかなければなりません。
知識だけでなく、当然技術力も常に向上心を持って取り組む必要があります。

美容に興味のない人が、もしこの仕事を選んだとしたら、長く続けていくのはかなりの努力が必要になってくるでしょう。
美容に興味がある、好きだというだけではなく、日頃から自分で色々な美容法にチャレンジしたり、様々なことに意識を向けて情報を集めるのが好きだというような人は、この職業に向いていると言えます。