エスティシャンの活躍の場

~密着!エステ業界~ > 非公開: エステティシャンとして働く > エスティシャンの活躍の場

エステティシャンと言えばやはりサロン

エステティシャンが活躍する場所にも色々ありますが、やはりエステと言えばエステサロンが最初に思い浮かぶのではないでしょうか。
実際、エステティシャンの多くはリラクゼーションサロン、エステティックサロンで働いていて、その規模は個人が経営する小さな規模のものから、美容系の大手企業が経営しているようなチェーン店舗まで様々です。
大手であれば倒産してしまうような心配はあまりないのですが、営業に力を入れているというところが多く、エステティシャンそれぞれにノルマが課せられているということも少なくありません。
また、紹介による営業や駅前でビラを配るというようなことも、ある程度行わなければならないのです。
反対に、個人経営であれば、経営者が機材の導入やお店自体の方針も決めるので、経営者と考えが合いさえすれば、居心地の良い職場となるでしょう。

エステサロン以外の活躍の場所

では、サロン以外でエステティシャンが活躍している場所には、どのようなところがあるでしょうか。
まず、化粧品会社のようなメーカーに勤務している、というエステティシャンがいます。
この場合、デパートなどのメーカーのブースにてマッサージなどを行うのです。
カウンセリング業務、施術をメインとして行いながら、自社の製品を販売するという役目までを担うことになります。
ここで問われるのは、コミュニケーション能力と商品知識となります。

他には、ブライダルサロン、旅館、ホテルなど色々な施設があります。
小さなエステコーナーを併設している旅館やホテルなど、またブライダル専門のサロンなどのような特定の利用客をターゲットにして働くエステティシャンもいるのです。
ホテルであれば、自社で雇ったエステティシャンが働いていることも多いのですが、どちらかと言えば大手のサロンを経営している企業がテナントとして入っていることの方が多いでしょう。
このような施設で働く際には、独立した店舗で行われているような定期的な施術である痩身コースなどではなく、その時1回限りで完結するような、リラクゼーションが主な目的となるような施術の方がニーズが高いという特徴があります。

エステティシャンとして長く経験を積むと、ノウハウや技術をフルに使って自分でサロンを開業する人もいます。
エステティシャンは、自宅の一室、マンションの一室を改造するなどして、ベッドがおければ割りとどこでも開業できる職業だからです。
問題となるのは、資金のやりくりですが、これがクリアできさえすれば、開業のハードルは比較的低い職種なのです。
ただ、エステサロンはかなり乱立してきているので、その中で結果を出してお客様からの信頼を得るというのは非常に難しいことです。
成功すれば、自分のやりたいように施術が行えるだけでなく、大きな収入も得られるため、自分でサロンを開くために努力しているエステティシャンも多いです。