エステティシャンの悩み

~密着!エステ業界~ > エステティシャンの悩み

エステティシャンならではの悩みの1つ

エステティシャンは「美」を追求し、それを実現させる仕事です。
そのため、他人を美しくするだけでなく、自分自身も常に美しくいるために気を配らなければならない、という苦労があります。
エステティシャンという職業についているのに、肌荒れしてしまっていたり、太ってしまっていたりしては大問題となってしまいます。
カウンセリングの際、いくら正しいことを言っていたとしても、お客様はそれを素直な気持ちで聞けるでしょうか。

エステティシャンは忙しい仕事でもあるため、慢性的に疲労が貯まっていたり、睡眠不足であったりしますが、そんな中でもエクササイズをしたり肌の状態を良く保つために気を配ったりして、常に綺麗でいなければなりません。
疲労が貯まらないように高級羽根布団を購入したり、オーダーメイドのベッドを注文したりして出費もかさみます。
美容が好きでエステティシャンになったとしても、まったく気を抜いてはいけないというのは、時に辛さを感じることもあるのです。

足腰が痛くなってしまう

エステティシャンという仕事は、意外に重労働で体力のいるものです。
マッサージでは全身を使いますし、1日中立ったまま施術をするということも少なくありません。
ですから、1日が終わる頃には足も腰も痛くなってしまうことが多いのです。
特に新人のうちは、上手な力の入れ方が分からずに、腕が筋肉痛になってしまうということもあります。
これは、長く続けていくうちにコツをつかんで改善されますが、体力がいる仕事であるということに変わりはないのです。

この他の悩み

エステティシャンもサービス業の1つですので、他のサービス業と同じで土日が休みではないことも多いです。
そうなると、平日が休みであることが必然的に多くなり、結果として一般企業で働いている友人とはスケジュールが合わない、ということも増えてきます。
平日に出かければ、どこに行っても空いているというメリットもありますが、せっかくの休日なのに1人で行動しなければならない、ということも多いのです。

さらに、未婚であったり恋人がいないエステティシャンにとっては、真剣な悩みとなるのが男女の出会いがないということです。
毎日来店するお客様も、職場のスタッフも、そのほとんどが女性です。
ですから、職場での男女の出会いというのは、恋愛を抜きにしたとしてもほぼありません。
休日や勤務時間後に出会いを探せば良いと思われるかもしれませんが、お店によっては朝から夜遅くまで勤務時間となっていることもありますし、休日も研修に参加しなければならなかったり、日頃の疲れが抜けなくて遊べなかったりということも少なくないのです。
特に、新人時代はたくさん覚えることがあるので、仕事に慣れるまでは恋愛どころではない、という人も多いようです。